何かお探しですか?
何かお探しですか?

“米軍の報復空爆、34人の犠牲者と揺れる中東―イラン攻撃の背後に潜む闘いの舞台”

2024.02.04 更新
“米軍の報復空爆、34人の犠牲者と揺れる中東―イラン攻撃の背後に潜む闘いの舞台”

この記事はPRを含みます。

“米軍の報復空爆、34人の犠牲者と揺れる中東―イラン攻撃の背後に潜む闘いの舞台”

アメリカ軍は、最近の報復攻撃において、イランの軍事関連施設に対して空爆を行い、最低でも34人が死亡したと報告されています。この攻撃は、アメリカ軍の拠点が先月28日に中東のヨルダンで攻撃され、兵士3人が犠牲になった出来事への報復として実施されました。

ホワイトハウスのカービー戦略広報調整官は、記者団に対して、攻撃がイラクとシリアの合計7か所で行われ、標的は武装組織の指揮所やミサイル、そして無人機の関連施設など85箇所に上ると説明しました。この報復行動により、イランや被爆国であるシリアやイラクからは非難の声が上がっています。

上へ