何かお探しですか?
何かお探しですか?

2月29日発売 ヤマハモーター スクーター「Vino(ビーノ)」2024年モデル

2024.02.24 更新
2月29日発売 ヤマハモーター スクーター「Vino(ビーノ)」2024年モデル

この記事はPRを含みます。

2月29日発売 ヤマハモーター スクーター「Vino(ビーノ)」2024年モデル

ヤマハ発動機の人気スクーター「ビーノ」が新色で登場!

2024年2月29日に発売されるビーノは、原付一種(50cc)のスクーターです。レトロなデザインとポップなカラーが特徴で、20年以上にわたって愛されてきました。新しいカラーリングは、カワイイだけでなく、個性的で魅力的な印象を与えます。

ビーノは、見た目だけでなく、性能も優れています。ホンダとの協業で開発されたホンダ製エンジンを搭載し、コンビブレーキやアイドリングストップシステムなど、安全で快適な走りをサポートする機能も充実しています。ビーノは、あなたの日常の移動を楽しくするスクーターです。

ビーノの新色はレトロでポップでカッコイイ!

ビーノは、原付一種(50cc)のスクーターで、レトロポップなデザインが魅力です。2024年2月29日には、新しいカラーリングが3色追加されます。

「ファイティングレッド」は、深い赤とブラックのコントラストが目を引くカラーです。シートやフットレストもブラックで統一され、シルバーのストライプがアクセントになっています。レトロな雰囲気とスポーティーな印象を併せ持つ一台です。

「マットジーンズメタリックブルー」は、落ち着いたブルーとグレーの組み合わせが大人っぽいカラーです。ストライプはハスキーグレーで、シンプルでクールな雰囲気を演出しています。スタイリッシュなビーノをお探しの方におすすめです。

「プコブルー」は、ビーノの定番カラーであるカジュアルなブルーに、ホワイトのパーツを加えたカラーです。フロントカバーやシート下などにホワイトを使うことで、クラシックな雰囲気を出しています。ビーノのポップなイメージを引き立てるカラーです。

もちろん、これまでの「ハーベストベージュ」「マホガニーブラウンメタリック」「グラファイトブラック」の3色も引き続き販売されます。どのカラーも、メーカー希望小売価格は21万4500円(税込)です。年間8000台の販売目標を掲げています。

ビーノは、見た目だけでなく、機能も優秀です。ホンダとの協力で開発されたエンジンや、コンビブレーキやアイドリングストップシステムなどの安全装備が充実しています。ビーノは、あなたの毎日を楽しくするスクーターです。

上へ