何かお探しですか?
何かお探しですか?

浅草キッド あらすじ | Netflix(ネットフリックス)

2024.02.22 更新
浅草キッド あらすじ | Netflix(ネットフリックス)

この記事はPRを含みます。

浅草キッド あらすじ | Netflix(ネットフリックス)

『浅草キッド』は、日本のお笑い界の巨匠として知られるビートたけしの半生を描いた自伝小説を映画化した作品です。監督・脚本は、お笑い芸人であり俳優でもある劇団ひとりが手がけています。主演は、若手の実力派俳優柳楽優弥がビートたけし役に挑戦し、たけしの師匠であり親友でもあった深見千三郎役には、人気コメディアンの大泉洋が扮しています。

物語は、昭和40年代の浅草を舞台に始まります。大学を中退した北野武(たけし)は、浅草のストリップ劇場である浅草フランス座でエレベータボーイとして働きながら、芸人になる夢を抱いていました。そんなある日、たけしはフランス座で深見千三郎のコントを見て感動します。深見は、たけしにタップダンスやコントのコツを教えてくれるようになり、たけしは深見の弟子として芸人としての修行を始めます。深見とたけしは、師弟というだけでなく、同じ部屋で暮らす仲間としても深い絆で結ばれていきます。

しかし、時代は変わり、テレビの普及で浅草の芸能界は衰退の一途をたどります。フランス座も経営危機に陥り、たけしは浅草を離れる決意をします。たけしは、先輩のキヨシと漫才コンビ「ツービート」を結成し、深見の反対を押し切って浅草を飛び出します。やがてツービートはテレビで人気者になり、たけしはビートたけしとして全国的に有名になります。しかし、たけしは、深見や浅草の仲間たちと過ごした青春時代を忘れることはできませんでした。

この映画は、ビートたけしの芸人としての原点となった浅草での生活や、師弟の絆を描いた感動作です。Netflixで配信中なので、ぜひご覧になってみてください。

上へ