何かお探しですか?
何かお探しですか?

ほうれい線を消す ヒアルロン酸のお注射 最適の量と種類を選ぶ【美容整形外科】

2023.12.21 更新
ほうれい線を消す ヒアルロン酸のお注射 最適の量と種類を選ぶ【美容整形外科】

この記事はPRを含みます。

今回はほうれい線ともさようなら!そんな美容施術「ヒアルロン酸」についての記事となります。ドキドキ。

ヒアルロン酸注入は、ほうれい線の下にヒアルロン酸製剤を注入することで、内側からボリュームアップし、しわを目立たなくする治療法です。

down

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸とは、人や動物の体に自然に存在する多糖類の一種です。多糖類とは、糖分子がたくさんつながった物質のことで、ヒアルロン酸はN-アセチルグルコサミンとグルクロン酸という二種類の糖分子が交互に連なっています。

ヒアルロン酸は、保水力が非常に高く、1グラムで2リットルから6リットルもの水分を蓄えることができます。そのため、皮膚や関節、眼球などの部位に多く含まれており、水分や栄養を供給したり、クッションや潤滑剤の役割を果たしたりしています。

ヒアルロン酸は、美容や健康にも有用な成分として注目されています。化粧品やサプリメントに配合されたり、皮膚や関節への注射として使われたりしています。ヒアルロン酸は、皮膚の乾燥やしわを防いだり、関節の動きをスムーズにしたり、顔の形や唇のボリュームを変えたりする効果が期待されています。

ヒアルロン酸は、人体にもともとある成分なので、安全性が高いと言われていますが、使用する際には注意点もあります。例えば、注射する場合は医師の指示に従って行う必要がありますし、製品によっては動物由来のものや承認されていないものもあります。また、ヒアルロン酸は時間とともに分解されるので、効果を維持するためには定期的な補充が必要です。

以上がヒアルロン酸とは何かについての説明です。

※おすすめの美容整形外科はコチラから。ヒアルロン酸以外にも多くのプランが用意されている大手2社となります。

関連記事

DHCのサプリメントが安すぎるけど、オススメされる3つの理由【新完全版】

ヒアルロン酸注入は適量に

ほうれい線への平均的なヒアルロン酸注入量は片側0.3~1.0cc程度ですが、個人差やほうれい線の深さによっても異なります。ほうれい線に適した製剤は、ジュビダームビスタやニューラミスなどの粒子が滑らかで自然な仕上がりになるものです。

ヒアルロン酸注入を安全に行うためには、技術や経験のある医師を選ぶことが大切です。クリニックや医師の実績や口コミを確認し、事前に相談して自分に合った治療法を選びましょう。

※おすすめの美容整形外科はコチラから。ヒアルロン酸以外にも多くのプランが用意されている大手2社となります。

関連記事

DHCのサプリメントが安すぎるけど、オススメされる3つの理由【新完全版】

ほうれい線に適したヒアルロン酸選び

ヒアルロン酸にはさまざまなブランド名がありますが、ほうれい線に適したものをいくつかご紹介します。

  • ① ジュビダームビスタ
  • アメリカ製のヒアルロン酸で、厚生労働省の承認を受けています。粒子が滑らかで自然な仕上がりになります。持続期間は約9〜24か月です。
  • ② ニューラミス
  • 韓国製のヒアルロン酸で、韓国食品薬品安全庁の承認を受けています。ジュビダームビスタよりも安価で、麻酔入りなので痛みが少ないです。持続期間は約6~12か月です。
  • ③ レスチレン
  • スイス製のヒアルロン酸で、厚生労働省の承認を受けています。硬すぎず柔らかすぎずちょうど良い硬さで、頻繁に動く口周りに適しています。持続期間は約12か月です。

以上がほうれい線に適したヒアルロン酸のブランド名です。

ジュビダームビスタシリーズ

ジュビダームはアラガン社が開発したヒアルロン酸製剤のシリーズ名で、日本では6種類の製品が販売されています。それぞれの特徴や効果は以下の通りです。

  • ① ジュビダームビスタ ウルトラXC
  • 額のしわなど細かいしわの改善に向いています。持続期間は約9ヶ月です。
  • ② ジュビダームビスタ ウルトラプラスXC
  • ほうれい線など深いしわの改善に向いています。持続期間は約9ヶ月です。
  • ③ ジュビダームビスタ ボリューマXC
  • 肌のくぼみやこけの改善に向いています。持続期間は約24ヶ月です。
  • ④ ジュビダームビスタ ボリフトXC
  • 真皮層の深いしわの改善に向いています。持続期間は約18ヶ月です。
  • ⑤ ジュビダームビスタ ボルベラXC
  • 目の下の涙袋を形成することができます。持続期間は約12ヶ月です。
  • ⑥ ジュビダームビスタ ボラックスXC
  • 顎・フェイスライン・鼻をシャープにすることができます。持続期間は約18ヶ月です。

ジュビダームビスタシリーズは、VYCROSS(バイクロス)技術という新技術で作られており、長期持続性や自然な仕上がりが特徴です。

VYCROSS(バイクロス)技術

VYCROSSは、ヒアルロン酸の分子を密に結びつける技術のことです。VYCROSS技術によって作られたヒアルロン酸は、分解されにくく、長期にわたって効果が持続すると言われています。VYCROSS技術を用いたヒアルロン酸製剤には、ジュビダームビスタ®シリーズが有名です。

※おすすめの美容整形外科はコチラから。ヒアルロン酸以外にも多くのプランが用意されている大手2社となります。

関連記事

DHCのサプリメントが安すぎるけど、オススメされる3つの理由【新完全版】

ヒアルロン酸注入のメリット

ヒアルロン酸注入のメリット

ヒアルロン酸注入のメリットは、手軽に治療できること、即効性があること、ダウンタイムが少ないことなどが挙げられます。

また、ヒアルロン酸はもともと人体に含まれる成分なので、アレルギー反応が少なく、気に入らなければ溶解することもできます。

  • ① 手軽に治療できる
  • ヒアルロン酸注入は、注射器で皮下に製剤を注入するだけの簡単な治療です。手術やレーザーと比べて、時間も費用もかかりません。また、麻酔や切開も不要なので、痛みや傷跡も少なく済みます。
  • ② 即効性がある
  • ヒアルロン酸注入は、注入した直後から効果が現れます。注入した部位にボリュームが出て、ほうれい線が薄くなります。また、ヒアルロン酸は水分を保持する力が高いので、肌に潤いやハリを与えます。
  • ③ ダウンタイムが少ない
  • ヒアルロン酸注入は、治療後すぐに日常生活に戻れる治療です。注入した部位には内出血や腫れが起こることがありますが、数日で治まります。また、特別なケアや制限も必要ありません。
  • ④ アレルギー反応が少ない
  • ヒアルロン酸はもともと人体に含まれる成分なので、他の物質と比べてアレルギー反応が起こりにくいです。ただし、完全にアレルギー反応が起こらないというわけではありませんので、事前にパッチテストを行うことをおすすめします。
  • ⑤ 溶解することができる
  • ヒアルロン酸注入は、気に入らなければ溶解することができます。注入した部位にヒアルロニダーゼという酵素を注入することで、ヒアルロン酸を分解して元の状態に戻すことができます。

以上がヒアルロン酸注入のメリットです。

※おすすめの美容整形外科はコチラから。ヒアルロン酸以外にも多くのプランが用意されている大手2社となります。

関連記事

DHCのサプリメントが安すぎるけど、オススメされる3つの理由【新完全版】

ヒアルロン酸注入のデメリット

ヒアルロン酸注入のデメリット

ヒアルロン酸注入のデメリットは、定期的に打つ必要があること、まれに内出血や血管塞栓が起こることなどがあります。

また、注入する量や製剤の種類によっても仕上がりや持続期間が変わります。

  • ① 定期的に打つ必要がある
  • ヒアルロン酸注入は、一度打てば永久に持続するわけではありません。ヒアルロン酸は時間とともに体内で分解されてしまうので、効果を維持するためには定期的に打ち直す必要があります。一般的には、半年から1年程度で効果が薄れてきますが、個人差や製剤の種類によっても変わります。
  • ② 内出血や血管塞栓が起こる可能性がある
  • ヒアルロン酸注入は、皮下に針を刺すことで行うので、内出血や血管塞栓という合併症が起こる可能性があります。内出血は、注入した部位に青あざや赤みが出ることで、数日で治まります。血管塞栓は、注入したヒアルロン酸が血管を詰まらせてしまうことで、皮膚の壊死や視力障害などの重篤な症状を引き起こすことがあります。これは非常にまれなケースですが、発生した場合は速やかに医師の診察を受ける必要があります。
  • ③ 注入する量や製剤の種類によって仕上がりや持続期間が変わる
  • ヒアルロン酸注入は、注入する量や製剤の種類によって仕上がりや持続期間が変わります。注入する量が多すぎると、不自然な仕上がりになったり、ヒアルロン酸の塊ができたりすることがあります。注入する製剤の種類は、粘度や分子量などの特性によって異なります。一般的には、粘度や分子量が高い製剤ほど効果が強く持続しますが、硬くなったり動きにくくなったりすることもあります。

以上がヒアルロン酸注入のデメリットです。

※おすすめの美容整形外科はコチラから。ヒアルロン酸以外にも多くのプランが用意されている大手2社となります。

関連記事

DHCのサプリメントが安すぎるけど、オススメされる3つの理由【新完全版】

まとめ:ヒアルロン酸に依存しちゃダメよ!

まとめ:ヒアルロン酸に依存しちゃダメよ!

口を酸っぱく!ヒアルロン酸は適量で!そして注入と共に予防もしましょうね!もちろんヒアルロン酸注入することが予防にも繋がるんですけどね!シワが出来にくくなるよう、並行して他の施術や日々の食生活などが重要になってきますからね!

改めて、ほうれい線ってなんだっけ?

ほうれい線とは

ほうれい線とは、顔の鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線のことです。ほうれい線は、しわではなく、頬の境界線であると言われています。

しかし、加齢や乾燥、喫煙、ストレスなどの影響で、ほうれい線に沿って皮膚がたるんだり、溝が深くなったりすることがあります。

このように、ほうれい線が目立つと、見た目の年齢を上げたり、表情を暗くしたりすることがあります。

例えば、顔の表情筋を使ったエクササイズ!口を大きく開いたり、口を閉じたりする動作を繰り返すことで、ほうれい線周辺の筋肉を鍛えることも可能なようですよ!

※おすすめの美容整形外科はコチラから。ヒアルロン酸以外にも多くのプランが用意されている大手2社となります。

関連記事

DHCのサプリメントが安すぎるけど、オススメされる3つの理由【新完全版】

上へ