何かお探しですか?
何かお探しですか?

“ブタの腎臓を胎児へ 日本国内で異種移植”

2024.02.06 更新
“ブタの腎臓を胎児へ 日本国内で異種移植”

この記事はPRを含みます。

“ブタの腎臓を胎児へ 日本国内で異種移植”

東京慈恵医科大学や国立成育医療研究センターの研究チームが進めている臨床研究により、重い腎臓病を抱える胎児に対し、一時的にブタの腎臓を移植する試みが明らかになりました。これは、異種移植の先駆けとなり、国内初のケースとなります。チームは市民を対象にしたディスカッションの場を設け、年内には国が認定する委員会に研究計画を提出する予定です。この手法は、ブタの臓器を使用して異なる種類の生体から臓器を移植することで、臓器提供不足を解消する可能性があります。米国では、すでに遺伝子組み換えブタの心臓が患者に移植された例も報告されています。

具体的な計画では、「ポッター症候群」の胎児に対して、ブタの胎児から取り出した約2ミリメートルの腎臓を移植します。移植手術は出産予定日の約4週間前に行われ、胎児の背中に特殊な注射針を用いてブタの腎臓が注入されます。

移植された腎臓は周囲の血管と自然に結合し、1日数十ミリリットルの尿を生成することが期待されています。出産後、赤ちゃんの背中にチューブを挿入し、蓄積された尿を排出します。この治療は、透析が安全に受けられるようになるまでの数週間、病気の腎臓の代わりとして機能し、その後ブタの腎臓は取り除かれる予定です。

上へ