何かお探しですか?
何かお探しですか?

【最新版】世代別 貯蓄額を比較 平均値と中央値

2024.02.24 更新
【最新版】世代別 貯蓄額を比較 平均値と中央値

この記事はPRを含みます。

【最新版】世代別 貯蓄額を比較 平均値と中央値

世代別の貯蓄額は、総務省の家計調査や金融広報中央委員会の世論調査などの統計によって異なりますが、一般的には年齢が上がるにつれて貯蓄額も増える傾向にあります。

以下は、2023年の二人以上の世帯の平均貯蓄額と中央値の推移を表にまとめたものです。

20代の場合

平均貯蓄額 中央値
165万円 71万円

30代の場合

平均貯蓄額 中央値
529万円 240万円

40代の場合

平均貯蓄額 中央値
694万円 365万円

50代の場合

平均貯蓄額 中央値
1,194万円 600万円

60代の場合

平均貯蓄額 中央値
1,635万円 650万円

平均貯蓄額とは、金融資産を保有している世帯の貯蓄額の平均値のことです。金融資産には、預貯金、株式、債券、投資信託、資産性のある生命保険などが含まれます。

中央値とは、貯蓄額を小さい順に並べたときに真ん中にくる値のことです。平均値よりも実態に近いと言われています。

貯蓄額は、収入や支出、家族構成、ライフスタイルなどによって大きく異なります。自分の貯蓄額を増やすためには、目標額を決めて計画的に貯金することが大切です。

上へ