何かお探しですか?
何かお探しですか?

1億円拾った男(大貫さん) 死因 その後

2024.04.13 更新
1億円拾った男(大貫さん) 死因 その後

この記事はPRを含みます。

1億円拾った男の話

この事件は当時大きな話題となり、大貫さんは落とし主が現れなかったため、6ヶ月後に1億円の所有権を得ました。しかし、その後もマスコミや一般人からの嫌がらせや脅迫に悩まされ、会社を退職したり、警備員を雇ったりするなど、平穏な生活を送れませんでした。

1億円の出所については、裏金や犯罪資金などの様々な憶測が飛び交いましたが、結局、真相は明らかになりませんでした。落とし主として名前が挙がった人物には、物流会社の佐川清さんや政治家の玉置和郎さん、相場師の加藤暠さんなどがいます。

この事件は、日本の社会やメディアのあり方を問うものでもあり、今でも多くの人々の関心を引いています。事件の概要は1980年4月25日に東京・銀座の路上で日本銀行の梱包のままビニール袋に入っていた現金1億円入りの風呂敷包みを発見した事件となります。

一億円拾った男(大貫久男さん)の今、その後・・・

一億円拾った人 = 大貫さんの今についてですが。騒動の後、その後もトラック運転手として働いたり、テレビ番組に出演したりしましたが、残念ながら2000年に62歳で亡くなりました。

日本テレビ『テレビに出たいやつみんな来い!!』

大貫久男さんは日本テレビ『テレビに出たいやつみんな来い!!』で準レギュラーを務めていました。放送は1982年となります。なお番組のジャンルはバラエティ番組でした。

一億円拾った男(大貫久男さん)死去 死因は・・・

死因は公表されていませんが、過労死や心臓疾患などが考えられています。

大貫久男さんの姪っ子(大貫幹枝さん)

大貫さんの姪孫である大貫幹枝さんは、お笑い芸人(吉本興業東京本社所属:タカダ・コーポレーション)として活動していました(活動期間:2006年〜2015年)。

上へ