何かお探しですか?
何かお探しですか?

100回目の優勝校は!?箱根駅伝 2024 予想

2023.12.30 更新
100回目の優勝校は!?箱根駅伝 2024 予想

この記事はPRを含みます。

100回目の優勝校は!?箱根駅伝 2024 予想

箱根駅伝2024は、2024年1月2日と3日に第100回記念大会として開催されます。出場校は23校で、シード校は10校、予選会通過校は13校です。

私の予想では、優勝候補は駒澤大学です。駒澤大学は、出雲駅伝と全日本大学駅伝で圧倒的な強さを見せて優勝しました。箱根駅伝でも、前回の総合優勝と往路・復路の優勝を狙える戦力を持っています。特に、佐藤圭汰選手や鈴木芽吹選手など、区間賞や区間新記録が期待できる選手が多くいます。

対抗は青山学院大学です。青山学院大学は、出雲駅伝では5位、全日本大学駅伝では2位でした。箱根駅伝では、復路の8区と9区が得意な区間で、ここで差を詰める可能性があります。黒田朝日選手や太田蒼生選手など、区間上位を走れる選手が揃っています。

その他にも、中央大学や國學院大學、創価大学などが注目されます。中央大学は、前回の箱根駅伝で2位に入りましたが、今回は戦力が落ちたという見方もあります。しかし、中野翔太選手や湯浅仁選手など、前回の実績を持つ選手がいます。

國學院大學は、出雲駅伝で4位、全日本大学駅伝で3位と安定した成績を残しました。上原琉翔選手や平林清澄選手など、序盤から出遅れない選手がいます。創価大学は、出雲駅伝で2位に入りましたが、全日本大学駅伝では6位に落ちました。しかし、吉田響選手やヴィクター・キムタイ選手など、区間賞を狙える選手がいます。

以上が私の箱根駅伝2024の予想です。どの大学や選手にも応援しています。

上へ