何かお探しですか?
何かお探しですか?

お笑い第三世代 〜伝説を創りし者達は 今もなお輝き続ける〜【最強決定版】

2024.04.30 更新
お笑い第三世代 〜伝説を創りし者達は 今もなお輝き続ける〜【最強決定版】

この記事はPRを含みます。

とんねるず / ダウンタウン / ウッチャンナンチャン / B21スペシャル / ダチョウ倶楽部
今回は昔だけじゃなくて、今だって人気の「お笑い第三世代」についての記事となります。

down

「お笑い第三世代」とは?

「お笑い第三世代」とは?

お笑い第三世代とは、日本のお笑い芸人の世代の一つで、1980年代から1990年代にかけてデビューした芸人たちを指します。第三世代のお笑い芸人たちは、それまでのお笑い芸人たちとは異なるスタイルのコントや、独自のユーモアを持った芸風で人気を博し、現在でも多くの人々に愛され続けています。

代表的な第三世代の芸人には、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、ナインティナイン、とんねるず、TIM、ネプチューン、バカルディ、おぎやはぎ、松本人志、東野幸治、藤井隆などがいます。彼らは、テレビ番組やラジオ番組、映画やドラマなど、多岐にわたる分野で活躍し、日本のエンターテインメント業界を支える存在となっています。

お笑い第三世代の芸人たちは、それぞれ独自の個性を持ち、多くのファンを魅了してきました。また、彼らの活躍は、日本のテレビ・ラジオ番組やコンテンツ業界に大きな影響を与え、現在でもその影響力は衰えていません。

とんねるず

とんねるずは死にました

とんねるず は、日本のお笑いコンビで、 石橋貴明 木梨憲武 の2人から成り立っています。1982年に結成され、以来、テレビ番組やラジオ番組、映画など、多くの娯楽活動を展開しています。

とんねるず の代表的な番組としては、「 とんねるずのみなさんのおかげでした 」( とんねるずのみなさんのおかげです )が挙げられます。この番組は、1987年から2019年まで、約32年間にわたって放送され、日本のテレビ番組史上、最も長寿番組の一つとして知られています。

とんねるずは、その独特のユーモアセンスやテンポ感、そして人間関係における掛け合いなどが特徴的で、多くのファンから支持されています。

石橋貴明

  • 生年月日
    1961年10月22日
  • 血液型
    A型
  • 身長
    182cm

木梨憲武

  • 生年月日
    1962年3月9日
  • 血液型
    O型
  • 身長
    178cm

とんねるずのみなさんのおかげでした

とんねるずのみなさんのおかげでした 」の前進は「 とんねるずのみなさんのおかげです 」と言うことはご存知ですか?1988年 – 1997年は「とんねるずのみなさんのおかげです」と言う番組タイトルでしたが、1997年 – 2018年までは「とんねるずのみなさんのおかげでした」と言う番組タイトルに変更されています。

「とんねるず THE LIVE」開催決定!

2024年11月8日(金)、9日(土)日本武道館

ダウンタウン

天才の成功話はほどほどに聞いといた方が良いよ。 天才は振り返り方も天才だから。

ダウンタウンは、日本のお笑いコンビで、松本人志と浜田雅功の2人から成り立っています。1982年に結成され、以来、テレビ番組やラジオ番組、映画など、多岐にわたる活動を展開しています。

ダウンタウンの代表的な番組としては、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」が挙げられます。この番組は、1989年から現在に至るまで、長期にわたって放送され続けており、その独特の企画や演出、そして出演者たちのパフォーマンスが視聴者から高い支持を得ています。また、ダウンタウンは、数多くの人気バラエティ番組にも出演しており、その独特のユーモアセンスやテンポ感、そして演出力などが特徴的で、多くのファンから支持されています。

ダウンタウンは、長年にわたって日本のお笑い界を牽引し、多くの後進のお笑い芸人たちにも影響を与えています。また、松本人志は映画監督としても活躍しており、浜田雅功も俳優として多数の作品に出演しています。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!は、日本テレビ系列で1989年から放送されているお笑いバラエティ番組です。ダウンタウン(松本人志・浜田雅功)がMCを務める冠番組で、「ガキの使いやあらへんで!」「ガキの使い」「ガキ使(がきつか)」「ガキ」など略称されることもあります。

番組では、ダウンタウンと月亭方正、ココリコ(遠藤章造・田中直樹)の5人が様々な企画に挑戦したり、フリートークをしたりします。特に有名な企画は「対決&罰ゲーム」で、ゲームに負けたメンバーが恐怖と爆笑の罰ゲームを受けるというものです。この企画から派生した「笑ってはいけないシリーズ」は、毎年大晦日に放送される特番として人気を博しています。

松本人志 VS 週刊文春

第一回口頭弁論 2024年3月28日

  • ・松本人志:5億5,000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を要求
  • ・週刊文春:記事に誤りはないと主張の上、誤りの箇所を述べよと要求

ウッチャンナンチャン

演者自身が楽しんでいなければ、見ているひとも楽しめない。

ウッチャンナンチャンは、日本のお笑いコンビで、内村光良(ウッチャン)と南原清隆(ナンチャン)の2人から成り立っています。1985年に結成され、以来、テレビ番組やラジオ番組、映画など、幅広い分野で活躍しています。

ウッチャンナンチャンの代表的な番組としては、「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」や、「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー これができたら100万円!!」が挙げられます。特に「やるならやらねば!」は、1990年代に流行したテレビ番組の一つで、ウッチャンナンチャンのトークや演出が話題を呼び、その後のバラエティ番組のスタイルにも影響を与えました。

ウッチャンナンチャンは、そのユーモアセンスや掛け合いなどが特徴的で、多くのファンから支持を得ています。また、2人とも俳優としても活躍しており、多数の映画やドラマに出演しています。

ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!!!

ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!は、1990年から1993年までフジテレビで放送されたお笑いバラエティ番組です。ウッチャンナンチャンが司会を務め、コントやゲームコーナーで視聴者を楽しませました。

番組では、映画やドラマのパロディ、ナン魔くんやマモー・ミモーなどの人気キャラクター、ウッチャンナンチャンのやるやらフォーエバーなどの名物コーナーがありました。番組は大ヒットし、CDや漫画などのメディアミックスも展開されました。

B21スペシャル

番組の頭で、空気を作れるか選手権なわけじゃん?

B21スペシャル は、日本の音楽番組で、1986年から1991年にかけて フジテレビ 系列で放送されていました。番組名の「 B21 」とは、 ビートルズ 21年目の音楽シーンを意味しており、番組は ビートルズ の楽曲を中心に、様々なジャンルの音楽を紹介していました。

なお1991年に ヒロミ さんが火傷の事故を起こしてしまったようで、番組が打ち切りになりました。

B21スペシャル では、 ビートルズ の楽曲をカバーするアーティストのライブパフォーマンスや、 ビートルズ 関連のドキュメンタリー、インタビューなどが放送されていました。また、 ビートルズ 以外にも、 ローリング・ストーンズ クイーン エルトン・ジョン など、様々なアーティストの楽曲が紹介されていました。

B21スペシャル は、 ビートルズ の楽曲を中心に、様々な音楽を紹介するというコンセプトが話題となり、多くの音楽ファンから支持を受けていました。また、当時の若者文化や音楽シーンを反映した内容も評価されており、現在でも音楽番組の名作として語り継がれています。

ダチョウ倶楽部

全く努力してないというわけじゃないですよ、こんなオレでも。プロなんだから、ある程度はやっていて当たり前だから。

ダチョウ倶楽部は、日本のお笑いコンビで、肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵の3人から成り立っています。1985年に結成され、以来、テレビ番組やラジオ番組、舞台など、幅広い分野で活躍しています。

ダチョウ倶楽部の代表的な番組としては、「笑っていいとも!」、「ダチョ・リブレ」、「DAIBAッテキ!!」などが挙げられます。特に「笑っていいとも!」では、テレビ界に衝撃を与えた「テレフォンショッキング」や、「いいとも青年隊」などのコーナーで人気を博し、1980年代から1990年代にかけて、多くの若者たちに愛されました。

ダチョウ倶楽部は、そのユーモアセンスや激しいパフォーマンスが特徴的で、多くのファンから支持を得ています。また、3人とも俳優としても活躍しており、多数の映画やドラマに出演しています。現在でも、ダチョウ倶楽部の名物トークやパフォーマンスは、多くの人々に愛され続けています。

上島竜兵さん 死去

上島竜兵さんは2022年5月11日に自宅で亡くなられました。

上島竜兵さん 死因

関係者によるところ自殺とみられているようです。

とんねるず ダウンタウン

とんねるずとダウンタウンの共演については数多くの不仲説があります。実際、両者の共演は極端に少なく、共演した際には大きな注目を集めました。しかし、ダウンタウンの松本人志さんは「(わだかまりは)なんにもないよ!」と不仲を否定しており、浜田雅功さんも石橋さんと普通に会話していたことを明かしています。

とんねるずの木梨憲武さんと石橋さんの関係も数年前までは微妙のようでした。『みなさんのおかげでした』の「博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」では木梨さんが司会進行役を務めていましたが、特番化した途端に出演しなくなってしまったことから、不仲説が根強いように思えました。

しかし、昨今では木梨憲さんが石橋さんの話題を出すことも多く、石橋さんのYouTubeに木梨憲さんが顔を出したりすることもありました(麻布十番)。ですので、昨今は仲が段々と時の流れと共に回復してきているように思えるのです。

笑っていいとも!最終回

「笑っていいとも!」の最終回で、とんねるずとダウンタウンが共演しました。ダウンタウンの浜田雅功が、おしゃべりの止まらない明石家さんまの口にガムテープを貼るカラミ。とんねるずの石橋貴明とダウンタウンの松本人志のやり取りで、「ネットが荒れる」という爆笑発言がありました。

また、とんねるずの木梨憲武が、オスマン・サンコンや田中康夫らを舞台に上げたりするなど、序盤は勢いがあったものの、中盤からは少しでも間が空くと他の出演者が拍手を送ったこともありました。

まとめ:一番偉い人へ

まとめ:一番偉い人へ

お笑い第三世代は、私たちの世代にとって非常に特別な存在です。彼らは、私たちが子供の頃からテレビ番組やラジオ番組などで活躍しており、多くの人々に愛されてきました。

彼らの持つ独自のユーモアセンスや個性的なキャラクターは、私たちの笑いのセンスや考え方に大きな影響を与えてきたと思います。また、彼らの活躍によって、お笑い芸人たちが社会的に認知されるようになり、日本のエンターテインメント業界において、お笑い芸人たちの地位が高まったことも感じます。

私自身も、彼らの番組やコントを見て育ってきた一人であり、彼らの活躍には大きな感謝の気持ちを持っています。今後も、彼らの芸風やパフォーマンスが多くの人々に愛され続け、日本のエンターテインメント業界を盛り上げていってほしいと思います。

この記事を書いている人

NINKI-NO.COM編集部

監修及び執筆の一部やアシスタントについては各コンテンツに関するプロ、またはAIの力を借り、まとめ・比較・おすすめ・ランキングなど、公平性や正確性を保ちながら作成しております。

上へ